損切り貧乏

損切りとは「ロスカット」のことです。

損切り貧乏とは損小利大を実行するために頻繁に損切りをすることで利益よりも損失が多くなり資金を減らすことです。

 

FXでも株でも損切り貧乏になる原因はハッキリしています。

「無駄なトレードが多い」

 

自覚症状がないのが特徴です。

トレードの精査、精度が悪いので何でもかんでもエントリーしている傾向が強い人が損切り貧乏になっています。

エントリーを絞るという行為をすれば、損切り貧乏は解消されるのですがそれがなかなか簡単なことではありません。

 

トレードはどこにでもチャンスがあるという思い込み、欲が強いとそこら中にチャンスが落ちているように見えるものです。

私も損切り貧乏になったことがあります・・・

 

チャンスをものにしたい『欲』

チャンスを逃したくないという『恐怖』

 

これで損切りを量産しました。

損切り貧乏からの脱却に成功した方法は自分のトレード記録を見直して何が良くて何が無駄だったのかを精査してトレードルールを徹底的に改善したことで結果、トレード回数は減ったものの収支は大きくプラスになりました。

 

ただ、損切り貧乏になるということは、最低限のトレーダーとしての心得は体得しているので良い傾向だということに間違いはありません。

どういったときに勝てて、どういったときに負けてるのか?を検証することで一皮むけたトレーダーになることが出来ると思います。

 

トレード記録をつけていることが前提の話ですが、つけていないという人はトレード記録をつけることから始めた方が良いと思います。

そのときはリアルマネーでトレードするのではなく、デモトレードでトレード記録をつけるのが良いです。

  

トレード記録は損切り貧乏から抜け出す切っ掛けを作ってくれる自分だけの必勝本だと言っても過言ではありませんよ。