ダウ理論とは

ダウ理論の基本的な考えは6つ。

  1. 平均はすべての事象を織り込む
  2. トレンドには3種類ある
  3. 主要トレンドは3段階からなる
  4. 平均は相互に確認されなければならない
  5. トレンドは出来高でも確認されなければならない
  6. トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する

上記の6つは基本ですが、株式投資を基準に考えられているのでFXでは通用しない部分があります。

 

1.平均はすべての事象を織り込む

世界情勢は様々なことが起こりますが、それはすべてチャートに織り込まれて反映されています。

スイスショックやリーマンショックなどの金融危機もチャートに反映されて表示されていますよ、という意味です。

 

2.トレンドには3種類ある

上昇トレンド、下降トレンド、どちらにも3種類のトレンドの波があり、それは相場がフラクタル構造だということを言っています。

こちらを参照⇒フラクタル構造とは

 

つまり時間軸の違うチャート分析することで大きな波、中ぐらいの波、小さい波のトレンドを把握してトレードの分析精度を上げることができます。

 

3.主要トレンドは3段階からなる

  • 先行期
  • 追随期
  • 利食い期

上記の3つでトレンドは構成されています。

 

  • 先行期

逆張りトレーダーの仕込み時期になります。

個人トレーダーの出る幕はありません。

 

  • 追随期

順張りトレーダーが動き出します。

個人トレーダーで勝つ見込みのある時期と言えます。

 

  • 利食い期

順張りトレーダー、逆張りトレーダーが利食いをする時期です。

負組みトレーダーはこの時期から仕込み出します。

 

4.平均は相互に確認されなければならない

これは株式投資での話で景気が上向きになるときは、必ず鉄鋼株からトレンドが発生すると言われています。

それに続いて、建設、工業株が動き出します。

なので、これはFXにはあまり関係のない項目といっても良いと思われます。

 

5.トレンドは出来高でも確認されなければならない

これも株式投資のことで、FXでは正確に出来高を確認することができないのでスルーしても良いと思います。

各国の指標発表で作られたチャートパターンはこれに該当するので、そのときはチャンスだと思います。

 

6.トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する

天井のサインや底のサインが現れるまでトレンドは継続すると言われていますが、これも若干FXには適応してないように感じます。

FXのトレンドは継続されやすいと言われていますが、実際は乱高下していることが多く転換シグナルがなくても反転することも多いです。

 

ダウ理論の基本的な考えはFXではあまり使えそうにありません。

今が上昇なのか下降なのかの目線を決める判断材料としては使う方法はありますが、この基本的な考えだけでトレードしても漠然としているので、勝つことは少し難しいように思います。