ロスカットについて

FXで生き残るために絶対にしないとけないのがロスカットです。

ロスカットといっても2種類あります。

1つはFX会社が設定した水準を下回った場合に強制的に損切りさせるロスカットと、もう一つはトレーダー個人が逆行したポジションを自ら意志で損失を限定するロスカットがあります。

 

FX会社に強制ロスカットされるのは論外、生き残るなら自分で損失を限定する必要があります。

逆行したポジションをいつまでも手放すことが出来ず、含み損が膨らんで最後には塩漬けにするということは負け組のFXあるあるです。

 

損失を小さく、利益を大きくすればトータルで勝てるようになります。

なので、損失は絶対に小さくなければいけません。

 

ロスカットになっても問題ない額は昔から決まっていて、『総資金の2%まで』で抑えるようにすると再起不能になることはありません。

例えば、軍資金が100万円だと損失額は総資金の2%までなので最大で2万円までロスカットしてもOKとなります。

 

ロスカットの設定手順としては、エントリーする前にエントリーレートとロスカットレートを決めておき、ロスカットまでの値幅でポジションサイズを決定します。

上記の例でドル円のトレードをする場合、ロスカット幅が20pipsあるとしたら損失額は2万円までなので、10万通貨のポジションを保有することができます(10万通貨でドル円でトレードした場合、1pips動くと1000円動くことになります)

 

よくレバレッジの計算でポジションサイズを決める人がいてますが、この損失額からポジションサイズを計算することの方が重要になります。

損失額を総資金の2%までに抑える計算は慣れてくれば、すぐに出来るようになります。

 

慣れです。

でも、この慣れをしない人は間違いなく資金を溶かして相場から退場させられることになります。

これも負け組のFXあるあるですからね。