メタトレーダー4の使い方

ダウンロードしたメタトレーダー4の使い方について。

すべてをこの記事でお伝えするということはちょっと長くなりそうなので、順に説明していきます。

今回は「新規注文」の解説をします。

 

いろいろと注文方法はありますが、一番シンプルで分かりやすい注文方法から。

 

MT4を立ち上げたら、デフォルトではこういった表示になっています。

ゴチャゴチャしてて分かりにくいのでチャート以外はすべて消します。

 

「✖」で消去、チャートのみでスッキリします。

 

各チャートの左上にある「ワンクリックトレード表示」をクリックすると「ワンクリックで新規注文を瞬時に約定することに同意する」を確認されますが、それには同意しないでください。

間違ってクリックしても勝手に注文が約定されてしまうので。

 

エントリー(新規注文)したいときに「SELL」(売り)もしくは「BUY」(買い)をクリックするとオーダー発注のポップが開きます。

  • 通貨ペア:新規注文をしようとしている通貨ペアが表示されます。
  • 数量:取引量(ロット数)
  • 決済逆指値(S/L):ロスカット、ストップロスの設定
  • 決済指値(T/P):テイクプロフィット、利確目標の設定
  • 注文識別:成行注文のみ
  • 赤色の「成行売り」:ショートポジションのエントリー
  • 青色の「成行買い」:ロングポジションのエントリー

 

この注文は相場を見ながら決めた価格になったときやローソク足が確定したときに手動で赤色or青色をクリックして成行で約定する方法です。

最も簡単で分かりやすいですが、間違った誤発注をしやすいので気をつけてください。

決済逆指値と決済指値は新規注文が約定したと同時に利益確定ポイントとロスカットポイントを設定してくれる有難い機能です。

同時に注文することが癖になると相場から一発退場になることはなくなります。

 

チャート上で右クリック、「注文発注」から「新規注文」をすることもできます。

ちょっと専門用語が多いので、次は注文に関する用語説明をします。

 

MT4をダウンロードしてない人はこちらを参考に⇒MT4のダウンロード

デモ口座を開設してない人はこちらを参考に⇒ FXのデモ口座